top of page

入退院支援の活動からつなぐ看護へ ~外来でのスクリーニングを看護計画に直結させる~

更新日:4月1日

日本看護協会 看護アワード

2019年度 優秀賞


病床規模

病床規模 174床 従業員数 210名 看護職員数 135名

受賞理由

入院時に10種類以上の帳票が発生し、記入する看護師の記録に時間がかかること、聞き取りを受ける患者の負担が大きいこと、患者のリスクアセスメントや多職種間の情報共有に十分な時間を費やせない等の課題があった。これに対し、多職種で構成されるプロジェクトチームを立ち上げ、帳票の整理による情報の一元化に取り組んだ。また、入退院センターを設置、専任看護師を配置し入院業務を集約、さらには、薬剤師等の多職種で効率的に運用できるための体制を構築した。

その結果、患者への直接ケア時間が増加し、外来でアセスメント・看護計画立案が完結することで、入院直後から患者への早期介入が可能となった。さらに、多職種が互いの専門性を活かした情報共有が可能になった。

多職種連携の促進による情報の一元化、業務の効率化が評価された。


 

下記から外部リンクへ飛びます



↓下のタグで検索を絞れます。


閲覧数:12回0件のコメント

Comments


bottom of page