top of page

障がい者ベッドメイキングチーム委託業務の導入

更新日:4月1日

日本看護協会 看護アワード

2020年度 特別賞


病床規模

病床規模 446床 従業員数 740名 看護職員数 410名

受賞理由

看護師・看護補助者の不足・離職率の上昇により、特に看護補助者の十分な確保、そして活用や教育体制の整備等に課題があった。これに対し、障がい者によるベッドメイキングチームへ、従来看護師・看護補助者が行っていたベッドメイキング業務を委託し、タスクシフトの推進に取り組んだ。また、マニュアルの整備、障がい者の個別性に応じた細やかな業務調整を行い、障がい者の労働環境の整備にも取り組んだ。


その結果、看護師・看護補助者のベッドメイキング業務が削減し大幅な業務効率化を実現するとともに、看護師による患者・家族への対応時間・患者への直接ケア時間が増加した。


看護業務効率化の実現に加え、障がい者の一般就労にもつながる等、他職種にも配慮したタスクシフトを実現したことが評価された。


 

下記から外部リンクへ飛びます



↓下のタグで検索を絞れます。


댓글


bottom of page