top of page

ヘルスケアにおけるトレーサビリティ

更新日:2023年11月24日


2006 年から医療材料の GS1-128 シンボルの院内利用に着手。手術室や心臓カテーテル室で使用される保険償還 のある医療材料や高額医療材料を使用した場合は、GS1-128 シンボルを読み込み、医療材料の有効期限、ロット 番号、シリアル番号などの詳細な情報を自動的に取り込んでいる。これにより手術室における医療材料の消費 が、術 式別、診療科別で詳細に取得できるようになった。 2011 年からは注射剤の混注確認に GS1 データバーの利用を開始、現在では内服薬を含めほとんど全ての薬剤 チェックに GS1 データバーが使用されている。医師のオーダー、薬剤師による処方監査、調剤、混注、看護師 の指示受け、実施、実施終了と言った一連の行為に関するデータに紐付いて使用医薬品データが記録される。




↓下のタグで検索を絞れます

閲覧数:30回0件のコメント

Comments


bottom of page