top of page

GS1標準による 医療用医薬品識別とその利用

更新日:2023年11月24日


医療安全面および医療情報面における様々な項目への対応を目的として、2015 年より医薬品のトレーサビリティに 取 り組み、薬剤部でのピッキング、鑑査、抗癌剤調整、持参薬確認、病棟でのミキシングなど、全ての場面で GS1データバーの読み取りを行っている。

ピッキングミス、誤投与の削減に加え、正確な自動記録が行えるため、医療の安全性とともに医療従事者の負担軽 減 につながっている。処方オーダーに連動する形で担当者の端末に最新データが送られ、医薬品の取り間違いが起こった際には警告が出る。

そのため、急なオーダー変更の場合も薬剤の取り間違いが起こらならない仕組みとなってい る。


↓下のタグで検索を絞れます。

閲覧数:17回0件のコメント

Commentaires


bottom of page